2023年度にValue Frontier㈱が排出した温室効果ガスの全量オフセットを完了しました

 昨年に続き、2023年度におけるオフィスからの排出量4.000.96CO₂全量をオフセットすべく5t-CO₂をJ-クレジットでオフセットしました。

尚、Value Frontier㈱は2021年3月31日に中小企業版SBTに署名を行い、2018年度を基準年とし、2030年度までにScope1、2での温室効果ガス排出量を半減させるカーボンハーフに賛同しております。


 2023年度は2018年度比で約33%減を達成し、これは昨年2022年度の約28%減を上回る結果となりました。


 さらに中小企業版SBTの削減対象ではありませんが、Scope3として国内・国外出張での航空機利用により排出した温室効果ガス排出量を算定し、33.055t-CO₂ 全量をオフセットすべく34t-CO₂をVCSでオフセットしました。


2024年度も引き続き節電や出張の見直し等を通じて排出量の削減に取り組み、最終的な排出量の全量をオフセットする計画です。